今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “動物の謝肉祭”から“白鳥”   サン=サーンス | TOP | 春の海 宮城道雄 >>
“四季”から“春”   ヴィヴァルディ
 

 アントニオ・ヴィヴァルディの“四季”から“春”でした。
 メルマガでご紹介したのはピンカス・ズーカーマンのヴァイオリン、カナダ国立芸術センター管弦楽団の演奏です。
 NAXOSには他に
アッティラ・ファルヴァイのヴァイオリン、オニックス室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 7238の1〜3番)
オリジナル楽器による演奏(カタログ番号 BIS-CD-275の1〜3番)
ルイス・カウフマンのヴァイオリン、コンサートホール室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 8.110297-98の1〜3番)などがあります。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

 NAXOS以外ではこちら
ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》
大指揮者トスカニーニも絶賛したイ・ムジチ合奏団の演奏でどうぞ。イ・ムジチと“四季”はコインの裏表のような関係ですね。
ヴィヴァルディ:四季
ベルリン・フィルの名コンサートマスター、ミシェル・シュヴァルベのヴァイオリンが秀逸です。
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/200835
トラックバック