今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第13番から第5楽章 | TOP | ハイドン 弦楽四重奏曲“皇帝”から第2楽章 ドイツ国歌 >>
“アイーダ”第二幕第二場から“凱旋行進曲”


 ヴェルディの“アイーダ”第二幕第二場から“凱旋行進曲”でした。
 メルマガでご紹介したのはオリヴェル・ドホナーニ指揮スロヴァキア放送ブラティスラヴァ交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団の演奏です。
 この曲はスエズ運河の開通を記念して建設されたカイロ歌劇場からヴェルディが委嘱されて作曲されたものです。いろいろな経緯からこけら落としには間に合わず同劇場の開場には“リゴレット”(ヴェルディ)が上演されました。その後“アイーダ”は大成功裡に同劇場で初演されました。
 曲の中程、アイーダ・トランペット(エジプト・トランペット)が右のスピーカーからサッカーの応援歌で有名なあのメロディーを奏で、次いで左のスピーカーから同じメロディーが繰り返され、次第に左右で響き合っていくところをお楽しみください。
 NAXOSには他にリコ・サッカーニ指揮アイルランド国立交響楽団の演奏(カタログ番号 8.660033-34のDisk1の24〜26番 )、オンドレイ・レナルド指揮スロヴァキア放送ブラティスラヴァ交響楽団の演奏(カタログ番号 8.550091の4番)があります。後者の演奏は合唱なしです。
 オールドファンにはトゥリオ・セラフィン指揮ローマ歌劇場管弦楽団・合唱団の演奏(カタログ番号 8.110156-57のDisk1の12〜13番)、アルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団・合唱団の演奏(カタログ番号 8.110129-30のDisk1の13〜14番)があります。凱旋行進曲では活躍の場面がありませんが後者にはソプラノのレナータ・テバルディやテノールのマリオ・デル・モナコが出演しております。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

 NAXOS以外ではこちら 
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」全曲
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」全曲
一大スペクタクルを是非映像付きでお楽しみください。
| - | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/122650
トラックバック