今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “魔弾の射手”から“狩人の合唱” | TOP | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第13番から第5楽章 >>
交響曲 第94番「驚愕」 より第2楽章


 フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの交響曲 第94番「驚愕」より第2楽章でした。
 メルマガでご紹介したのはトーマス・フェイ指揮ハイデルベルグ交響楽団の演奏です。
 英語ではSurprise(驚愕)ですが、ドイツ語ではPaukenschlag(ティンパニ打ち)といわれています。ハイドンは友人に「ご婦人はびっくりして声をあげるだろう」と語ったそうです。
 余談ですが、衆議院の予算委員会中に秋篠宮妃ご懐妊の知らせを受けた総理、ビックリしてましたね。
 NAXOSには他にヨハネス・ビルトナー指揮カメラータ・カッソヴィアの演奏(カタログ番号 7081の2番 )バリー・ワーズワース指揮カペラ・イストロポリターナの演奏(カタログ番号 8.550114の6番)があります。
 ルドルフ・ガンツによるピアノヴァージョン(カタログ番号 8.110677の9番)もどうぞ。(ガンツの演奏はお試しサービスでは聴くことができません)
 曲の聴き方は別館(HP)のメルマガのバックナンバーをご覧ください。

 NAXOS以外ではこちら
ハイドン/交響曲第94番ト長調「驚愕」
ハイドン/交響曲第94番ト長調「驚愕」
ハイドンの時代の聴衆はこういう音を聴いていたのですね。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk2の2番の“Listen”をクリックすると試聴できます。)
| - | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/115992
トラックバック