今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 1812年 | TOP | “いけにえの踊り” >>
ブランデンブルグ協奏曲 第2番 J・S・バッハ


 J.S.バッハのブランデンブルグ協奏曲第2番でした。
 メルマガでご紹介したのはヘルムート・リリング指揮オレゴン・バッハ・フェスティバル管弦楽団の演奏です。
 他には、ヘルムート・ミュラー=ブルール指揮ケルン室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 8.554607の5〜7番)マリオ・ベルナルディ指揮CBCバンクーバー交響楽団の演奏(カタログ番号 smcd5028-2のDisk1の5〜7番)、古楽器の演奏では鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンのもの(カタログ番号 bis-cd-1151-52のDisk1の5〜7番)をお楽しみ頂けます。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

フライブルグ・バロック・オーケストラの演奏です。→
下の二つの演奏でトランペットの違いに注目してみてください。アンドレは言うに及ばずですが、バルブのないバロックトランペットをここまで吹きこなすフリーデマン・インマーはただ者ではありませんね。
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの演奏です。バロック・トランペットはフリードマン・インマーです。→
モーリス・アンドレのトランペットによる演奏です。→

 NXOS以外ではこちら。ふいごのようなモーリス・アンドレのおなかが生み出すトランペットの華麗な音色をご堪能ください。
バッハ:ブランデンブルグ協奏曲
バッハ:ブランデンブルグ協奏曲
アンドレの他にもフルートのジャン=ピエール・ランパル、オーボエのピエール・ピエルロとフランスの名手ががんばってます。

 ボイジャー(Voyager)のゴールデンレコード(写真:白いパラボラ下の丸い金色の中に入っている)には、1楽章の冒頭部分が収められています。他にはモーツァルトの魔笛や尺八の音、いろいろな言語での挨拶なども入っています。
 ゴールデンレコード(The Golden Record)について詳しいことを知りたければこちらのFlash featureをどうぞ(英語ですが)。音声や画像のサンプルが視聴できます。
 また、ボイジャーの宇宙旅行についてはこちらのFlash featureをどうぞ。スクリプトがあるのでヒアリングの練習になりますよ〜。
 あなたは巧く木星へアプローチできるかな?
| - | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/103227
トラックバック